人間仏教の行者-星雲大師

星雲大師(せいうん・だいし)

1927年中国江蘇省揚州に生れる。12歳の時、同省宜興県の白塔山大覚寺(南宋咸淳時代1265-1274に創建)で志開上人を師として出家。臨済宗第四十八代伝承者。

1949年、台湾に渡り、念仏会、弘法団を組織。布教の基礎をつくるかたわら『人生』『今日仏教』『覚世』など、仏教関係の雑誌を編集。また佛光出版社を設立。テレビ出演や著述活動も精力的にこなし、1967年に佛光山寺を開山。教育・文化・慈善事業を広く推進するとともに、世界各国に仏教の教えを広める寺院・道場を創設。今日、その数は二百以上に及ぶ。同時に中国仏教研究院、佛光山叢林学院などを設立して研究と教育にも力を注ぎ、多くの仏弟子を養成している。社会教育も重視し、台湾内には普門中学・高校、佛光大学、南華大学を、またアメリカ・カリフォルニア州の西来寺内には西来大学を設立するなど、教育による社会の進歩に貢献している。

1985年、佛光山住職の職を退き、中華漢蔵文化協会理事長に就任。1991年、中華佛光協会を設立。翌年には国際佛光会を発足させ会長に就任。1998年に佛光テレビ局を設立。2000年には日刊紙『人間福報』を創刊。現在は国際佛光会世界総会会長、世界仏教徒友誼会名誉会長。

多くの著作があるが、代表的なものは『釈迦牟尼伝』『星雲禅話』『星雲百話』『星雲日記』『迷悟之間』『有情有義』『佛光菜根譚』など。講演のCDやDVDも数多く発行されている。

2017年5月には星雲大師の生涯の著作を収録した『星雲大師全集』全365冊が出版される。

活動照片

  • 03.jpg

觀看影片

檔案下載: